60歳の、未来のわたしへ★

~未来のわたしへ贈る日記~

「母業」それだけで、自信。

60歳のわたしへ

 

浅田真央さん、引退です。

あと、アメリカと、北朝鮮との・・国際関係、トランプ、、緊迫しています。

戦争が起きないか、心配です。

アメリカと北朝鮮は遠いですが、日本と北朝鮮は、目と鼻の先です。

今日、本やで、地球儀見て、思いました。

 

今日、マツコデラックスの本を読みました。

彼?彼女の言葉は、よく、とても励まされます。

「お母さんは、それだけですごい。主婦してる人は、ただの主婦だから」とか

絶対そんなふうに思わないでほしい、と言われていた。

今、わたしは、シッターの仕事もやめ、自分で稼ぐこともなく、社会とのつながりも無い日々に、自信を無くしかけていたけど、これでいいんじゃないか。と、思えました。

現代は、女性の社会進出も増えて、女性もそれを望んでいるけど、実際、結構しんどくて、でも、男性は、女性が働くのが、今度は逆に当たり前だと思ってる。

家事も大半はして、午後15時くらいまで、働くのは、当たり前と思ってる。

でも、家事、育児って、ほんと~に、限度なく、大変なのに、男はまだまだ分かってないです。

 

あと、今日初めて思ったこと。

モンスターペアレント」は、本当に悪いのかな?

戦争に日本が突入するときの、日本の学校での教育。日本国のために命をささげよ。

との教育に、どれだけの親が、学校や教師に、異議を唱えられたんだろう。

おそらく、無駄でも、異議をとなえるべき、だったのかもしれない。

 

ソローが、言っていたこと。良い国民であるまえに、まず、人間であるべきだ。

というようなことを言われていて、わたしもそう思う。

 

わたしは今まで、自分が幼いとき先生にいじめられたのにもかかわらず、先生の味方をしてきた。「先生も大変だ。先生は、一人で30人もの子供を見ているのだから、細かいことや、一人ひとりに対応するのは難しい」

 

でも、先生を味方するのは、おかしいのかもしれない。

先生は確かに、ひとりで戦い、大変。でも、それが、教師だ。

でも親がかばうべきは、教師ではなく、子供。

 

毎日学校に夕方まで通うのが当たり前の今日。

教師の責任が重すぎる、もっと、さまざまな人生経験のもとの人間から、学ばせること。つまり、「担任」が、ほぼすべての教科を受け持つ、というのが、どうかな?と思う。

自分の咲く場所

60歳のわたしへ

 

39歳、今だ人生に悩み、迷っています。試行錯誤です。

疲れること、多いです。

 

風呂あがり、思いましたが、

花を例えても、どこにでも、皆の足元に咲けるタンポポもあるし、一方で、日向にだけ

咲ける花、日陰にだけ咲ける花。高い山のてっぺんにのみある花。水の中にだけ、咲く花。

 

人間も、それでいいのかな。人と交わらなければ、と、決めつけないでも、夫婦を全うせねば、と苦しくならなくても、自分の生きやすい方へ、場所にいればいいのかな。と。

 

協調性、調和、友達、団結、それは大切だけど、この世界に生きてるならそのままで、

それでいいのかもしれない。どんなにかわってても、ひとり、皆と離れてても、それでもいいんじゃないかな。生きてることだけで、「調和」されてるんじゃないかな。

愛犬・ナナが死にました。

60歳のわたしへ

 

今日、午前9時ころ、ナナが息をひきとりました。

18年くらい生きたようです。

今日は、久々、雨が降っています。

母もこれで、本当に家に一人になりました。

 

日々、大切にせねば、と思っていても、いなくなった後にしか、本気で後悔できないです。死がもうすぐ、と思ってはいても、その、いつまでも「もうすぐ」と思っているのです。

 

毎日の祈りの中に、今でも、ナナのことも入れてくれていますか?

 

不思議なこと。学校について。

60歳のわたしへ


いろんな人の本を読むようになって、今ふと思うこと。


成功している人、成功した人の多くが、

「学校は無理して行かなくていい」と、

言っていて、


成功していない数えきれない多くの人たちが

「学校は絶対に行くべきだ」と言っていること。

今日から、人の悪口は言わない。

60歳のわたしへ

 

最近、夜中2時くらいに目が覚めて、頭脳活動を始めてしまいます。

歳のせいか、今、脱皮しようと潜在意識ががんばってるのか?なんて思いながら。。

 

昨日夜中、考えていたこと、、、

 

仏法って、やっぱ、すごいなって、こと。

 

人の生命には、地獄界~仏界まで、10界かならずあって、そのどこかの生命状態に常に変化しながら存在する。大切なのは、仏界がない人は、一人もいないこと。

意地悪だと思う人も、嫌いな人も、犯罪者でも。

逆に、地獄界が存在しない人もいない。

 

だから、みんな全ての人間が、「仏」なのであって、だから、決してどんな人のことも

傷つけたり、ばかにしてはいけない。だから、みんな自分と同じで、表面的な体や顔や

性格が違うだけで、全部脱ぎ捨てたら、この10界の生命をもつ生き物。

 

「仏」の悪口言うのは、直感的によくない、と感じる。

 

今日から、気をつけるとします。子供たちの為にもね。

 

     39歳のわたし

コミニケーションが得意な人は有利じゃない?

60歳のわたしへ


今、コミニケーション能力が大事と言われ、また、人間関係がそもそも、生きる悩みの全てで。


持って生まれた特質が、「社会性」だの

「共感」だの「親密さ」だのと、人間関係にすぐれたものを持ってる人たち。


得だよな〜。保育園から学生時代、社会に出ても、実に得。


逆に、全然間逆の人もいて。生まれつき。


そういう人は、どうやったら、全員、幸せになれるんだろう❓

内省という特質

60歳のわたしへ


マーカスバッキンガムの、「さあ、才能に目覚めよう」で、診断されたように、わたしには、「内省」という特質があるようです。


最近気づきましたが、自分の中で、何かハッ

キリしないことを考えて、自分の中から答え

が出そうとします。それを、ハッキリとした

言葉に変えて、嬉しく思います。


毎日、いろんなことを考えています。


今日は、「咲く」ということについて、考えました。

人は誰でも、自分に自信をもてば、自分を好

きになれば、「咲いてる」状態。

自信を無くし、人と比べ、しょぼんとしてる

ときが、「咲いていない」状態。


だと感じた。


これは、「アナと雪の女王」を思い出して思った。

「エルサ」がまさにそうで、エルサ自体は何変わらない。自分を受け入れ、自信を持ち、

自分を好きになり、輝いた。


わたしは人が「咲く」というのは、人に好かれ、必要とされ、尊敬され、成功し、、と

いうのを思い描いていたけど、それは、咲いた「結果」、たぶん、付いてくるもの。


でなくても、自分に自信をもった時点で、

人は咲くのだと思う。


「置かれた場所で咲きなさい」との本があるけど、置かれた場所で、何か必死になって

がんばるというよりも、自分を好きになり、自分が好きなこと大切にして、自分が楽しく生きれる工夫をして、生きたらいいのかな、と思いました。自分なりに精進しながら。


たがら、わたしはこの、ありのままの自分を受け入れ、好きになります。

人間は、不完全に生まれついているし、それだから楽しいのであって、それに、欠点の無い人間も、生き物も、いない。

自信もってる人は、欠点がないから、自信があるわけではない。欠点はあるけど、自信があるわけで。


だから、わたしはわたしに、自信もっていいんだ!と思います。てゆうか逆に、完璧な自分になってから自分に自信持つなら、結局死ぬまで自信持てないわけで。



39歳のわたしより★